Contents Menu

 Blog Menu

 New Post

WordPressのテーマをスクラッチで作る

今回Wind Road.のサイトを構築するに当たり、今まで食わず嫌いで避けていたCMS化に初めて着手しました。結局静的コンテンツにすると更新性低いよなとか、ちょっとした時間にiPadとかiPhoneでネタを考えて下書きできる。ツーリングをした時に現地で記事投稿できるのは魅力だよなとか。まぁそこら辺のメリットを考えて「今更」CMS化した訳です。
まずはCMSプログラムの選定。仕事で使えるナレッジを収集するという意味ではMovableTypeの方が良いという気もしたのですが、あくまでも個人用途である事を鑑みてWordPressを選定しました。
次はテーマ選択。予想してましたがこれが難題。私はデザイナーであってフロントエンドは「何をしているか知っている、多少カスタマイズできる」くらいの理解度。デザイナーとして個性を出すにはある程度は開発もしないといけない、でもプログラム知識は無いというジレンマ。
それもあって何かのテーマを使わせてもらってプチカスタマイズ、自分仕様にアジャストして使うというのを考えたのですが、まぁこれがいまいちピンとこない。
世の中に大量にあるテーマの中で「Fukasawa」というテーマが一番「近しい」とは思いつつ、やはり細かい所に手が届かない。自分専用テーマでは無いのでそれが当たり前でもあるんですけどね。
そんなこんなでいまいちピンと来なかったのでマニュアル本首っ引きでフルスクラッチを敢行し、出来たテンプレートが今回のもの。名前もそのまま「Wind Road.」というテンプレート名。まぁ、別に公式公開を狙っているわけでもないのでこんなもんでしょう。
最近EC-CubeやWordPressの案件相談が増えている事もありますし、ここらへんのフロントエンドはやはり需要あるんだろうなと思います。
本職ではない事もあり労力の割には予算が見合わないので自分が受けるという事はあまりないかもしれませんが、知識として「何が出来て何が出来ない」というのを覚えておくのはデザイナーいっても必要でしょうね。
エンジニアの方に渡すデータの意識も変わるのではと思います。

Design